アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数。 コロナがアメリカで感染者数が多いのはなぜ?ニューヨーク集中の理由 | 毎日が新しい日

prd-api.iwant.ph : 感染死亡者の人種別比率を公表、米ニューヨーク州

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

当初は中国の問題と捉えられていたが、グローバル化の進展もあり、あっという間に世界中に広がった。 その中でも、新型コロナウイルスの直撃を受けているのが米国だ。 3月13日にトランプ政権は国家非常事態を宣言。 その後、カリフォルニア州やニューヨーク州などが不必要な外出を禁じる外出制限措置に踏み切ったが、米国の感染者数と死亡者数はイタリアを抜き、世界最悪の状況だ。 既に感染者数は63万人超と、世界全体の感染者数の30%を占める(4月16日時点、ジョンズ・ホプキンズ大学のデータ)。 死亡者も2万人8000と最も多く、新型コロナウイルスの猛威にさらされている(中国が公表数字を過少申告している疑惑についてはここでは触れない)。 そんな米国の中で、最も被害が深刻なのがニューヨーク市とその周辺だ。 ニューヨーク・タイムズの記事を見ても分かるように、感染者数、死者数ともにニューヨークが断トツに多い。 今後、ニューヨークから各地に感染が広がることが懸念される。 中国の追撃を受けているとはいうものの、米国は名目国内総生産(GDP)が世界一の経済大国であり、ニューヨークは世界で最も繁栄している都市だ。 しかも、米国には感染症対策で世界最強とささやかれる米疾病対策センター(CDC)があり、そもそもの医療レベルは高い。 それなのに、なぜここまで被害が拡大してしまったのか。 人との距離が近いニューヨーカー まず考えられるのは、ニューヨーク市の人口密度だ。 ニューヨーク市は人口800万人を超える巨大都市だが、その広さは、マンハッタン島を中心にした5つの行政区で800平方キロメートル(陸地面積)近くと東京23区より少し広い程度。 2010年の国勢調査によれば、人口密度は1平方マイル(2. 59平方キロメートル)あたり2万7000人と、シカゴの2倍、ロサンゼルスの3倍に達する。 実際、朝晩の地下鉄は混み合っており、人気のレストランやバーに行けば、隣の客と肘がぶつかるような混み具合だ。 家賃は高く、一つの部屋を複数の人間でシェアしている人もかなりいる。 感染者数が増加したのはPCR検査を拡大した影響だが、そもそも感染爆発が起きやすい環境にあったのは間違いない。 また、ニューヨーカーのカルチャーや慣習面も感染爆発の要因と考えられる。 基本的にニューヨーカーは日本人ほど手を洗わず、風邪を引いたときにマスクをつけるという習慣はない。 また、友人や知人と顔を合わせれば握手とハグでコミュニケーションを取るなど、人との距離感が近い。 地下鉄やその辺でピザを食べた後も、指をぺろっとなめるか紙ナプキンで拭いて終わりだ。 この記事を見てもらえれば雰囲気が分かると思うが、日本人の感覚からすると、街全体があまり清潔ではない(日本の電車も同じようなものだが)。 (* 配信先のサイトでこの記事をお読みの方は、こちらで記事中のリンク先をご覧いただけます。 ismedia. 最新の研究によれば、中国・武漢の病院の集中治療室で働いている医療従事者の靴を調べたところ、サンプルの約半分にコロナウイルスが付着していたという。 新型コロナウイルスは感染から発症までの潜伏期間が5〜6日と長く、感染に気づかないまま他人にうつすケースが相次いでいる。 今でこそ、間隔を空けてスーパーの列に並ぶ、同じエレベーターに乗らないなど、ソーシャルディスタンスを厳格に守る市民が圧倒的だが、外出制限が出るまではジョギングをしたり、公園で子どもを遊ばせたりするのは日常だった。 黒人とヒスパニックの感染者が多い理由 格差と貧困を指摘する向きもある。 ニューヨーク州知事のクオモが会見で述べたように、白人層やアジア系などに比べて、ヒスパニック層や黒人層などのマイノリティの死者数が多い。 この地図は、ニューヨーク市の保険精神衛生局が作成した郵便番号別の感染マップだ。 これを見ると、ハーレム全般のほか、ブルックリンやクイーンズの深部など黒人やヒスパニックの貧困層が暮らしているエリアに感染者数が多いことが分かる。 その理由として挙げられるのが彼らが従事している仕事だ。 貧困層はサービス業に従事している割合が高く、仕事に行くため、地下鉄やバスなど公共交通機関を利用せざるを得ない。 一方、白人層やアジア系はホワイトカラーが多く、感染の危険を冒して公共交通機関に乗る必要がない。 また、貧困層は食生活が偏っている場合が多く、高血圧や糖尿病などの基礎疾患を抱えている人も少なくない。 今回の新型コロナは基礎疾患の有無によって致死率が変わると言われている。 これから検証が進むだろうが、感染拡大に貧困と格差が関わっている可能性は高い。 もちろん、トランプ政権の迷走もある。 感染は1月から広がり始めていたが、トランプ大統領は「完全に管理下にある」と新型コロナの脅威を過小評価。 感染の拡大を把握するのが遅れた。 その後、国家非常事態宣言を出し、不要不急の外出の自粛を要請したが、11月の大統領選を念頭に、外出自粛の早期緩和を望んでいるのは周知の通り。 国家安全保障会議(NSC)内で感染症を担当する部局を廃止したことも、即応能力の低下につながったと指摘されている。 これまで述べたように、高い人口密度と人の距離が近いという社会的な要因、そして移動せざるを得ない人々の存在と政権のコロナ軽視が重なって、感染者数の爆発と医療崩壊が起きたと考えていいだろう。 ニューヨーク州のクオモ知事は13日の会見で、州内における死者数の伸びが鈍化したと述べ、「ピークは過ぎた」という認識を示した。 ただ、ワクチンが開発されたわけではなく、油断すればすぐに第二波が押し寄せる。 それを防ぐためには、ソーシャルディスタンスを守る、発熱や咳が出た程度では病院に行かないなど、これまでの対策を墨守する必要がある。 それが、ニューヨークが身をもって教えてくれた教訓である。 筆者:結城 カオル 外部サイト.

次の

アメリカ合衆国における2019年コロナウイルス感染症の流行状況

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

(CNN) 新型コロナウイルス感染による米国内の死者は100人に達したことが、各州当局のデータに基づくCNNの集計で明らかになった。 全米50州のうち、感染者が確認されていなかったウェストバージニア州も17日、1人が検査で陽性反応を示したと発表した。 17日にはイリノイ州で初めての死者が報告され、死者が出たのは計18州となった。 全米で感染が確認された患者は5500人を超えている。 保健当局は国民が人との接触を今すぐ制限しなければ医療崩壊に至る恐れがあると警告し、事態はすぐには終息しないとの見通しを示している。 国立衛生研究所(NIH)のファウチ国立アレルギー・感染症研究所(NIAID)所長は17日、市民が互いに接近を避ける「社会距離」戦略に従った場合、米国内の感染拡大はいつピークを越えるのかという質問に対し、「効果があったのかどうか分かるまでに数週間かそれ以上かかるだろう」と答えた。 ファウチ氏はそのうえで、症状がなくても感染を媒介する可能性が指摘されている若者たちに、バーやレストランなど人の集まる場所を避けてもらうことが鍵になると強調した。 ホワイトハウスの対策チームを率いるバークス博士は17日、病院や医師の負担を軽減するため、緊急性のない手術は中止するよう求めた。 ムニューシン財務長官は同日、国民への経済対策として、2週間以内に1人1000ドルの小切手を直接送る方法が検討されていると述べた。 米各地で多くの州や都市がレストランやバーの営業停止命令、集会禁止などの措置を取っている。 サンフランシスコでは16日、近郊を含め約700万人の住民を対象に外出禁止令が出された。

次の

アメリカの死者数が5万人を突破 新型コロナウイルス

アメリカ 州 別 コロナ 感染 者 数

9 11,465 217 8,560 311 6 10,870 345 7,649 1,015 32 8,984 556 3,806 205 13 8,788 249 8,138 1,621 46 8,606 121 8,294 266 4 8,334 60 3,487 316 2 7,595 104 6,958 298 4 7,228 20 4,877 216 0. 6 7,191 327 6,600 1,298 59 6,552 149 900 73 2 6,354 98 4,193 380 6 5,691 52 4,267 597 5 5,595 265 2,166 2,686 127 5,543 96 512 486 8 5,517 133 3,291 851 21 5,384 132 1,857 100 2 5,175 81 1,544 45 0. 7 5,174 29 3,861 394 2 5,087 40 2,270 2,287 18 4,635 52 4,269 4,693 53 4,563 39 1,327 160 1 4,408 211 2,370 634 30 4,204 43 2,162 645 7 4,151 110 3,968 6,633 176 4,127 578 2,663 427 60 3,796 175 2,322 1,157 53 3,739 119 1,225 805 26 3,321 191 1,374 319 18 3,244 40 607 672 8 3,162 58 3,040 45 0. 8 3,033 10 1,096 10,161 34 2,878 90 868 181 6 2,684 12 1,227 527 2 2,508 32 2,218 9,198 117 2,483 107 2,149 605 26 2,321 85 2,171 205 8 2,277 8 1,848 4,214 15 2,269 51 1,298 788 18 2,170 74 1,238 328 11 2,039 113 1,383 101 6 2,010 11 1,602 94 0. 5 2,001 32 515 1,428 23 1,986 69 1,797 1,497 52 1,942 36 224 174 3 1,922 16 862 69 0. 6 1,830 10 1,811 5,363 29 1,808 78 1,501 664 29 1,662 33 1,144 243 5 1,643 28 1,455 301 5 1,569 13 976 220 2 1,558 109 1,376 749 52 1,556 19 191 791 10 1,520 22 1,484 304 4 1,514 3 446 297 0. 6 1,497 18 1,223 81 1 1,354 56 869 170 7 1,197 7 1,091 160 0. 9 1,162 50 1,023 98 4 1,112 30 932 590 16 1,087 37 456 197 7 1,086 9 797 106 0. 9 1,076 288 386 36 10 1,059 67 919 44 3 1,017 14 288 84 1 1,003 8 562 1,804 14 992 19 824 822 16 960 12 260 50 0. 6 941 53 830 45 3 919 14 780 230 4 907 26 818 261 7 863 74 774 53 5 855 52 797 11,066 673 850 2 385 66 0. 2 833 0 761 18 - 788 5 221 25 0. 2 712 13 651 - - 711 13 214 3,245 59 706 8 347 609 7 698 42 656 20,572 1,238 698 18 140 102 3 684 10 526 231 3 681 34 278 135 7 670 9 632 1,517 20 588 14 394 71 2 571 47 512 3,285 270 551 6 128 37 0. 4 516 2 460 576 2 509 21 183 9 0. 4 447 7 435 19 0. 3 424 9 315 675 14 373 10 176 636 17 353 0 330 4 - 341 10 326 268 8 336 24 312 3,952 282 293 6 211 5 0. 1 272 7 161 313 8 242 7 96 14 0. 4 236 14 98 629 37 219 0 170 67 - 215 12 108 273 15 212 10 81 6 0. 3 196 1 184 2,983 15 187 0 187 3,827 - 176 0 176 5,224 - 174 14 157 435 35 146 9 133 2,344 145 144 1 93 12 0. 08 144 0 39 41 - 141 3 138 322 7 130 0 127 8 - 123 8 109 88 6 105 0 21 41 - 104 11 84 265 28 102 4 95 2,600 102 101 3 98 946 28 97 7 85 338 24 92 1 25 39 0. 4 82 1 81 2,151 26 77 15 62 1,796 350 70 0 38 91 - 65 3 22 664 31 60 0 60 214 - 46 0 45 71 - 43 2 26 18 0. 8 42 3 36 1,087 78 29 0 29 261 - 24 0 24 18 - 23 2 17 58 5 23 1 19 140 6 23 0 23 204 - 21 0 21 74 - 19 0 19 3 - 19 0 19 103 - 18 0 18 250 - 18 0 18 20 - 17 0 2 8 - 16 1 11 413 26 15 0 15 282 - 13 0 13 3,739 - 13 0 13 229 - 12 0 12 14,981 - 11 1 10 2,204 200 11 0 11 112 - 10 1 8 17 2 10 0 8 1 - 9 2 - - - 8 1 7 265 33 7 0 7 267 - 6 0 6 607 - 3 0 3 200 - 1 0 1 173 - 流行歴: ・・ ・ ・ ・ 注記• "-" は現在その地域について入手可能なデータがなく、値が0ではないことを表す。 人口百万人あたりの感染者数。 人口百万人あたりの死亡者数。 国・地域は症例が診断された場所。 感染者の国籍および感染した場所とは異なる場合がある。 バミューダ諸島船籍のクルーズ船「」号におけるを含む。 における感染者を含む。 号から帰国した後、感染が確認された3人を含む。 ただし、ロシアの公式統計ではこの3人を「国際輸送機関」に分類している。 ロシア実効支配下のとの23人を含む。 、における感染者を含む。 は2月14日、検査で陽性であっても発熱や咳のような症状がなければ感染者として発表しないという基準に変更した。 2月末時点で中国の感染者4万3000人以上が「無症状」を理由に統計から除外されており 、公式発表の約8万人に無症状者を含めると12万人を超える。 における感染者を含む。 における感染者を含む。 における感染者を含む。 、における感染者を含む。 英国船籍のクルーズ船「」号が日本付近を航海中、香港で下船した乗客の感染が判明したため、船は横浜港に入り、長期にわたって日本政府の管轄による検疫を受けた。 こうした経緯から、この船内で発生した感染者数は、公式には日本政府発表の国内感染者数にも英国政府発表の国内感染者数にも計上されていない。 WHOによる公式発表では、「国際輸送機関」 "an international conveyance" における感染事例として分類されている。 国・地域毎の2019年コロナウイルス感染症流行状況では、各国および各地域ごとの、の流行状況および対策、対応などを扱う。 詳細は「」を参照 2019年 [ ]• で原因不明の患者が最初に報告され、以降感染拡大が始まった。 2020年 [ ] 3月 [ ]• 3月6日• 世界全体の感染者数が10万を超えた。 3月8日• 世界全体の感染者が確認された国・地域の数が100に到達した。 3月16日• 中国以外の感染者数が中国の感染者数を上回った。 3月19日• の感染者数が1万を超えた。 3月26日• の感染者数が1万を超えた。 の感染者数が10万を超えた。 3月30日• の感染者数が10万を超えた。 の感染者数が1万を超えた。 4月 [ ]• 4月1日• の感染者数が10万を超えた。 4月2日• の死亡者数が1万を超えた。 の感染者数が1万を超えた。 4月9日• の感染者数が1万を超えた。 4月18日• の感染者数が1万を超えた。 4月26日• 世界全体の死者数が20万を超えた。 4月28日• の感染者数が100万人を超えた。 4月30日• の感染者数が10万を超えた。 5月 [ ]• 5月4日• ブラジルの感染者数が10万人を超えた。 5月10日• 世界全体の感染者数が400万人を超えた。 5月14日• 世界全体の死者数が30万人を超えた。 5月21日• 世界全体の感染者数が500万人を超えた。 5月26日• アメリカの死者数が10万人を超えた。 5月31日• ブラジルの感染者数が50万人を超えた。 6月 [ ]• 6月7日• 世界全体の死者数が40万人を超えた。 6月8日• 世界全体の感染者数が700万人を超えた。 6月10日• アメリカの感染者数が200万人を超えた。 6月16日• 世界全体の感染者数が800万人を超えた。 6月19日• ブラジルの感染者数が100万人を超えた。 アジア [ ]• 2020年3月11日10時基準. 2020年3月12日閲覧。 2020年3月12日12:13:09更新. 2020年3月12日12時半閲覧。 worldometer. info 2020年3月8日14:10更新. 2020年3月8日23時半JST閲覧。 衛生応急弁公室 2020年3月7日. 2020年3月8日閲覧。 疾病管理本部 2020年3月9日. 2020年3月9日閲覧。 2020年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 日本: "",, 2020年4月4日. 2020年4月5日閲覧。 2020年3月7日. 2020年3月8日閲覧。 疾病管制署 2020年3月8日7:45更新. 2020年3月8日閲覧。 澳門特別行政区政府新型冠状病毒感染応変協調中心 2020年3月8日. 2020年3月8日閲覧。 21財経,2020-2-14• 時事ドットコム2020年3月22日• Japan Business Press. 2020-01-23. 2020年5月10日閲覧。 ロイター 2020年3月7日. 2020年3月7日閲覧。 Bloomberg. com. 2020年3月8日閲覧。 産経新聞. 2020年3月30日閲覧。 NHKニュース. 2020年3月27日閲覧。 中日新聞. 2020年3月27日閲覧。 テレ東ニュース. 2020年3月30日閲覧。 毎日新聞. 2020年3月31日閲覧。 東京新聞. 2020年4月1日閲覧。 NHKニュース. 2020年4月2日閲覧。 讀賣新聞オンライン. 2020年4月2日閲覧。 京都新聞. 2020年4月5日閲覧。 日本経済新聞. 2020年4月10日閲覧。 (讀賣新聞オンライン、2020年5月10日閲覧)• (時事ドットコム、2020年5月11日閲覧)• (毎日新聞、2020年5月10日閲覧)• (REUTERS、2020年5月21日閲覧)• (時事ドットコム、2020年5月21日閲覧)• (NNA EUROPE、2020年5月11日閲覧)• (BLOGOS、2020年5月15日閲覧)• (日本経済新聞、2020年5月21日閲覧)• (2020年5月28日閲覧)• (毎日新聞、2020年6月1日閲覧)• (日本経済新聞、2020年6月7日)• (日本経済新聞、2020年6月8日)• (Pars Today、2020年6月10日)• (日本経済新聞、2020年6月16日)• (日本経済新聞、2020年6月20日) 関連項目 [ ] 2019新型コロナウイルス感染症関連 [ ]• (SARS-CoV-2) - のウイルスについて解説。 (COVID-19) - 感染症について解説。 - 検査方法について解説。 - 感染症の流行現象についての概説。 その他 [ ]• (SARS)• (MERS)• 外部リンク [ ]• (英語) - (WHO)• (英語) - (CDC)• (英語) - システム科学工学センター• (英語).

次の