手作り 餃子 簡単。 ジューシーな餃子☆ レシピ・作り方 by ☆ゆぅ♪☆|楽天レシピ

誰でも簡単に作れる手作り餃子の基本レシピと変わり種餃子レシピ6選

手作り 餃子 簡単

子どもも大人も大好きな定番のおかずですね。 最近は冷凍食品でもおいしいものがたくさん発売されていますが、好きな具材を多めに入れたり、お子さんと一緒に包んだりと手作りにはまた違った楽しさも。 せっかくきれいに包めた手作り餃子は、カリッとおいしく焼き上げたいですよね。 各家庭によってもお好みの焼き上がり具合は異なり、作り方の正解が見つけにくい料理でもありますね。 餃子初心者さんにおすすめのフライパンはフッ素樹脂加工のもの。 くっつきにくい加工がされているので、焼きあがった餃子をするっとお皿に移せます。 なお、加工が剥げているものを使うと、その部分に餃子がくっついてしまったりするので、できるだけ新しく、加工の状態が良いフライパンで焼くようにしましょう。 編集部スタッフも、古いフッ素樹脂加工のフライパンを新しいフッ素樹脂加工のものに買い替えただけで餃子の焼きあがり方が格段に良くなったという体験をしています。 また、熱がよく通り野菜をシャキッと仕上げられることから、中華に欠かせない鉄のフライパンを使う場合はひと工夫が必要。 鉄のフライパンに水分が残っていると、焼き上げているときに餃子の皮がフライパンにくっついてしまう原因となります。 煙が出るくらいまで熱して、水分を飛ばしてから使うようにしましょう。 油をひくことで「焼き上がりにムラができる」「べタッと仕上がってしまう」という状態になるという意見もあり、ひかないという方もいますが、何が正解なのでしょう? まず、フッ素樹脂加工のフライパンであれば、焼き始めに油はひかなくても大丈夫。 最後に焼き上げをする工程で、周りから油を回し入れればフライパンからするっとお皿に移せ、餃子自体もカリッと仕上がります。 フッ素樹脂加工のフライパンの場合は元々くっつきにくいので、油をたっぷり入れすぎると逆に揚げたような仕上がりになってしまいます。 油をひかないか、油をひくときは薄くまんべんなくひきましょう。 鉄のフライパンは油をなじませないと餃子がくっつきやすくなります。 まんべんなく油をひき、なじませてください。 中には、茹でてから焼くというレシピも。 これらの工程は蒸す・茹でるのどちらにせよ、皮と具材の両方を均等に加熱するためにあります。 ただ焼くだけでは、皮だけに火が入り具材は生焼け・・・なんてことにもなりかねないので、気を付けましょう。 茹でるよりは蒸す方がステップとしては楽なので、手早く作りたいときは蒸すレシピで十分です。 【左】蒸し焼き【右】茹で焼き(餃子がプルっとしています) 茹でる場合は皮がモチモチになりまた違ったおいしさがありますが、餃子どうしがくっついたりしやすくなり、扱いが少し難しいのでご注意くださいね。 こちらも、どちらが正解というわけではなくお好みで選択してOK。 片栗粉はパリパリサクサクに仕上がりますが、時間がたつと水気が出てしまいます。 小麦粉は時間がたってもパリッと感が続くので、時間差で食事をする場合などは小麦粉を選ぶと良いでしょう。 餃子のレシピとそのほかのコツ では、紹介した「フッ素樹脂加工のフライパン」「油を薄くひく」「蒸す」「小麦粉の羽根」のポイントを使いながら、実際に餃子を焼いてみましょう。 ちなみに、上記では紹介していないコツとして、 「フライパンは熱さずに餃子を並べる」「餃子の底が白っぽく焼けたら5分蒸し焼き」「最後にごま油を回しかけ仕上げる」という工程も紹介しています。 ニラもみじん切りします 3. キャベツの塩気を水で流します 5. [3]のボウルにニラを入れた後、先ほど塩気を流したキャベツの水分をギュッと絞ってボウルに加えます 水気はしっかり絞って! 6. [5]をよくこねます これで餡は出来上がりです。 餃子の皮に先ほどの餡を乗せ、水に薄く小麦粉を溶いたもの(分量外)を皮半分の端に塗り、包みます 8. すべて包めました! 9. 弱火で、餃子の底に白っぽい焼き目がつくまで焼きます このくらい 11. 水150mlに薄く小麦粉を溶いたもの(分量外)をフライパンに投入し蓋をして、中火で5分蒸し焼きします 12. 5分経ったら蓋を開け、フライパンに残った水分を飛ばします 13. 水分が飛んだら、最後にごま油を少々、鍋肌からまわし入れます 14. 油がなじんだら完成!お皿をフライパンにあて・・・ 15. コツを押さえることで皆さんの餃子ライフが楽しくなりますように! 小売店のチラシ・特売情報がわかるサービス「トクバイ」のWEBページは.

次の

簡単おいしい!子供と作る手作り餃子(ギョーザ)と中華風スープ

手作り 餃子 簡単

作り置き餃子の冷凍保存のポイント2つ目は、バラバラにして冷凍することです。 餃子を冷凍するときに、固まったまま冷凍すると剥がすのが大変です。 剥がすときに皮が破れてしまうこともあるでしょう。 餃子をバラバラに冷凍しておけば、使いたい量だけを取り出せます。 お弁当などでちょっとだけ使いたいときに便利ですよね。 餃子をバラバラに冷凍すると、皮のヒダの部分が割れてしまうことがあります。 バラバラに冷凍する時は、冷凍保存袋ではなく浅型のタッパーなどを使えば、ヒダが割れるのを防ぐことができるでしょう。 冷凍用のタッパーには、100均のタッパーがオススメです。 ダイソーやセリアではどんなタッパーがあるか、下の関連記事で探してみてくださいね。 餃子のレシピ1つ目は、焼き餃子です。 キャベツやニラが入った基本的な餃子です。 初めて餃子を作るなら、まずは基本の餃子に挑戦してみましょう。 材料(4人分)• キャベツ 200g• ニラ 50g• 豚ひき肉 120g• 餃子の皮 20枚• 調味料• 醤油 小さじ2• 生姜のすりおろし 1カケ• ごま油 小さじ2 焼き餃子の作り方• キャベツをみじん切りにし、塩もみしたあと水気を絞ります。 ニラをみじん切りにします。 豚ひき肉に調味料を順番に入れていきます。 豚ひき肉を粘りが出るまで練り、野菜を加えて混ぜます。 できた餡を餃子の皮で包みます。 豚ひき肉を少なめにして、野菜をたっぷり入れたヘルシーな餃子になっています。 カロリーを控えたい人にオススメです。 材料(6人分)• キャベツ 120g• 小松菜 120g• ニラ 30g• 生姜 1カケ• 豚ひき肉 100g• 餃子の皮 24枚• 調味料• 醤油 小さじ1• コショウ少々 野菜たっぷり餃子の作り方• キャベツと小松菜を塩少々を入れたお湯で茹で、みじん切りにして水気を絞ります。 ニラをみじん切りにします。 生姜はすりおろしておきます。 豚ひき肉に塩を入れ、粘りが出るまで練ります。 調味料を加えさらに練ります。 豚肉と野菜を混ぜ合わせ、できた餡を皮で包みます。 海老のぷりっとした食感に、歯ごたえのよい茹でたけのこが絶妙のアクセントになっています。 材料(4人分)• キャベツ 30g• 茹でたけのこ 30g• 海老 200g• 豚ひき肉 50g• 塩コショウ 少々• 餃子の皮 24枚• 調味料• 生姜汁 小さじ1• 酒 大さじ1• キャベツを茹でてみじん切りにし、絞って水分を切ります。 長ネギをみじん切り、茹でたけのこを粗みじん切りにします。 海老を包丁の腹でつぶし、粗目にたたきます。 豚ひき肉と海老に塩コショウを入れ、粘りが出るまで練ります。 調味料を入れてさらに練ります。 野菜を加えて混ぜ、できた餡を皮で包みます。 手作り餃子に慣れないうちは、きちんと餡を包めなかったり、皮を破いてしまう失敗をしがちです。 棒餃子なら、皮を巻くだけなので簡単に餃子が作れますよ。 材料(4人分)• 豚ひき肉 250g• 生姜 15g• 長ネギ 1本• 餃子の皮(大きめのもの) 16枚• 調味料• 塩ひとつまみ• 砂糖 小さじ1• 酒 大さじ1• 醤油 小さじ2• ごま油 小さじ1 棒餃子の作り方• ニラと長ネギをみじん切りにします。 生姜はすりおろしておきます。 豚ひき肉に調味料を入れて混ぜ、野菜を加えてさらに混ぜます。 できた餡を棒状にして皮に乗せます。 両端から折りたたむように巻きます。 フライパンに油を入れて熱し、棒餃子を並べます。 弱火で薄く焦げ目がつくまで焼きます。 お湯を入れてフタをし、蒸し焼きにします。 焼き餃子に飽きたら、水餃子にしてみましょう。 ツルッともちもちした食感の皮がたまらない一品です。 水餃子の皮はお店で買うこともできますよ。 材料(4人分)• 豚ひき肉 150g• キャベツ 100g• ニラ 20g• しいたけ 2枚• 水餃子の皮 24枚• 調味料• 生姜 1カケ• 塩コショウ 少々 水餃子の作り方• キャベツをみじん切りにして、塩をふり10分ほど置きます。 ニラとしいたけをみじん切りにし、生姜はすりおろします。 豚ひき肉に調味料を加え、粘りが出るまで練ったら、ニラとしいたけを加えて混ぜます。 絞ったキャベツを加え、混ぜ合わせたら皮で包みます。 大きめの鍋にお湯を沸かし、沸騰したら餃子を入れます。 大根おろしを入れたみぞれ鍋は、あっさりとしたスープですが、ピリッと効いたラー油が良いアクセントになっています。 材料(1人分)• 冷凍餃子 6個• 大根 100g• しいたけ 2枚• めんつゆ 大さじ4• 大根の皮を剥いてすりおろします。 しいたけは薄切りにします。 鍋に水とめんつゆを入れて、煮立ったら冷凍餃子としいたけを加えます。 材料に火が通ったら、大根おろしを加えます。 火を止め、最後にラー油をたらして完成! 作り置きの餃子を冷凍保存して毎日の料理を楽にしよう! いかがでしたでしょうか。 餃子は種類も豊富で、様々な料理にアレンジできる便利な食材です。 冷凍の仕方や美味しい焼き方を参考にして、毎日の料理に活用してくださいね。 手作りをする時間がない場合は、市販の冷凍餃子を使ってしまいましょう。 市販の餃子にも様々な種類がありますので、下の記事で美味しい餃子や焼き方を見てみてくださいね。

次の

簡単おいしい!子供と作る手作り餃子(ギョーザ)と中華風スープ

手作り 餃子 簡単

コロナウイルスでゴールデンウィークをご自宅で過ごしている方も多いかと思います。 簡単だからやてみるといいよ〜!と言われ続けてなかなか重い腰が上がらなかったのですがとてもいい機会だと思うのでやってみました。 お題「」 結論から言うと、めちゃ簡単でうまい。 粉とか散らかりそうで嫌だと思っていましたがまったくそんなことはありませんでした。 一つだけ要注意(コロナの今だから) 強力粉がどこ行っても売ってませんでした。 場所によっては薄力粉も。 え???なんで???と思って調べてみると全国的にそうらしいですね。 みんな自宅で手作りでいろいろ作ってるから?なのか、なんだか良くわかりませんが5軒くらいスーパーを回ってようやく見つけました。 ---[PR]--------------- ---------------[PR]--- 餃子の皮の作り方 材料• 強力粉 100g• 薄力粉 120g• 塩 少々(4つまみくらい)• 熱湯(160cc)• 片栗粉(打ち粉として) これで一家4人分くらい(育ち盛りの子がいると全然足りない... )でしょうか。 我が家は6人いるので、この他に市販の皮で50粉くらい握りました。 1 粉を測る(強力粉と薄力粉をそれぞれボールにイン) 薄力粉だけでも大丈夫だよというのをネットで見かけましたが、今回は強力粉も無事に買えたのでレシピ通りやってみました。 2 粉に塩と熱湯を追加 塩と一緒に熱湯を注ぎます。 塩って必要なんだろうか?と思いつつ入れましたが、タンパク質のなんちゃらがかんちゃらで粘りとかに影響するっぽいのでとりあえず入れときました。 3 菜箸でくるくるかき混ぜるとボロボロと固まり始めます 菜箸で混ぜるとダマがいっぱいできていって、塊ができはじめます。 さらに混ぜていくと大きな塊が増えていきます。 だいぶ、塊が大きくなったところで、熱さを確認してみて握れるようであれば塊を合体していくといいでしょう。 熱湯入れてるので、これが早すぎると熱々で火傷しかねませんのでお気をつけて! 4 粉の塊を大きくまとめていきます ボールの端についた粉もかき集めるようにこねくり回していきます。 綺麗にまとまりました。 粉なの計量時間を抜かすとここまで5分ちょっとですかね。 あっという間です。 ---[PR]--------------- ---------------[PR]--- 5 ちぎって小玉を作ります お察しいただけると思いますが、この丸っこい生地を引き伸ばして、餃子一個分になっていきます。 片栗粉をまぶしてくっつかないように。 この一個の大きさはうずらの卵くらいでしょうか?ね あまりでかいと餃子の皮も巨大なものになってしまって化け物餃子になるので調整が必要です。 6 生地を餃子の皮の形に伸ばしていきます この小玉を手で軽く潰します。 丸くなるように。 この状態だと結構皮が厚いのでのし棒で伸ばします。 下に敷いてるのは緑のダイソーまな板ですが、サイズ感をイメージしてもらえるとわかりますが、これは相当でかい皮になりそうです。 横にして伸ばすとさらにデカくなり... 7 具を詰めて包みます 皮が明らかにでかいですがそのままやっちゃいます。 (次からサイズに気をつけよう... ) これ、とてもわかりづらいですが餃子3個分くらいのデカ餃子になっています。 8 フライパンに油をひいて焼きます 伝わらないと思いますが、とてもデカイので存在感がすごい。 このデカ餃子の完成写真を撮る間も無く食べられてしまったのですが、サイズをだいぶ調整できるようになってからの焼き上がりが以下の通り。 もちもち感伝わりますかね? 普通の市販の餃子の皮も美味しいですけども、手作り餃子の皮だとモチモチ感がやはり違います。 全然違います。 今回は皮をこねてすぐに握って焼いてしまいましたが、小玉にしたあたりで常温で1日くらい寝かせるとモチモチ感がさらに増すそうです。 brachiodesign.

次の